広告
ひんやり&クール商品販売館

おまえもっと感謝しろ!


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20160513205822j:plain

去年の六月の話。
名古屋守山区の北沢ふくみさん(61)が、雨の中をバス停まで歩く途中、
後ろから来た自転車の男子高校生三人組が脇を追い抜いて行った。
その後、北沢さんは大森の交差点で彼らの追いつき一緒になった。

高校生たちは雨に濡れたまま信号が青になるのを待っている。
北沢さんは、自分一人だけが傘を差しているので心苦しく思い、
迷いつつも一番後ろの男の子に傘を差し掛けた。

「ごめんね、一人しか入れてあげられなくて」
と言って。

すると、遠慮せず「ありがとうございます」と受け入れてくれた。
若い人からすると照れくさいはずだ。その素直さが嬉しかった。

また、先頭の男の子に
「ありがとうございます。明日は土曜日で休みなので、
 洗濯できるから濡れても大丈夫です」
と言われた。

まもなく、信号が青になった。
今度は、三人がそろって
「ありがとうございます」と言い、渡り始めた。
その時だった。

先頭の男の子が振り向き、一番後ろの子に言った。
「おまえもっと感謝しろ!」と。
言われた当人は、もう一度北沢さんを振り返り
「ありがとうございます」と頭を下げ、走り去って行った。
先頭の子の冗談っぽい口調と笑顔が温かく感じられた。

「きっと、三人はよほど仲がいいのでしょう。
友達が受けた親切も、自分のことのように
受け止めることに感激しました。
電車の中で席を譲り合う時と同じように、
親切をするのも勇気がいりますが、
受け入れるのにも勇気がいるものです。
お互いの気持ちが通じ合ったような気がして、
気分のいい雨の日になりました」
と北沢さんは話す。

中日新聞掲載 2016年(平成28年)3月6日(日曜日)》

広告を非表示にする