読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

百田 尚樹『風の中のマリア』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20160522163947j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)
命はわずか三十日。ここはオオスズメバチの帝国だ。晩夏、隆盛を極めた帝国に生まれた戦士、マリア。幼い妹たちと「偉大なる母」のため、恋もせず、子も産まず、命を燃やして戦い続ける。ある日出逢ったオスバチから告げられた自らの宿命。永遠に続くと思われた帝国に影が射し始める。著者の新たな代表作。


あらすじを読んでいて、

ファンタジー小説かなと思った。

本編を読んでいると、

そんな甘ちょろい作品ではなかった。

オオスズメバチの生態、生涯(1ヶ月ほど)を通して、

生きることの偉大さ、

存在していることの凄さ、

生き抜くことの壮絶さが伝わってくる。

生きているから

使命がある。

そして、そのことに大きな意味がある。

生き抜くことが、過酷な虫の世界だから、

伝わってくる『生きる』という強さ。

自分が本当に強く生きているか?

自問自答したくなる。

いや、今、している。

単なるオオスズメバチの物語と

片付けられない深いものがある。

広告を非表示にする