読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

ツッパリ高校生とおばあちゃん


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20160526071244j:plain

ばあさんが駅で待っているので、来てください」

こちらに聞き返す間も与えないぶっきらぼうな電話。

電話は一方的に切れましたが、何のことか分かりません。

おばあさんとは、72歳になる私の母のことでしょうか。

そういえば、母は電車で隣町に買い物に出かけました。

そろそろ帰ってきてもいい時間です。

電話の声は、若い男の声で棒読み口調。

もしかして、いたずら電話かもしれない、
そう思いながらも私は半信半疑で駅に向かいました。

母が隣町になる高校の男子生徒数人に
取り囲まれているのが遠くから見え、私はたじろぎました。

身を固くして構え、負けてはいけないと自分に言い聞かせつつ、
私はたむろする彼らに向かっていきました>>>

Facebookの続きは、こちらからどうぞ↓

型といい、改造した制服といい、

ツッパリの看板を自ら声高に宣伝しているような学生たちでした。

母が手を上げて私を呼んでいます。

私は勇気をふるって近づきました。

そして、母の話を聞き、へなへなと腰がくだけ落ちてしまいました。

母は帰りの車中で貧血を起こし、彼らに介護されたのでした。

座席を譲り、カバンで風を送り、渡線橋はおぶって渡ってくれたそうです。

180センチはある、ごつい体格の子がもじもじしています。

私は、しどろもどろになりながら、やっとお礼を言いました。

自分が恥ずかしくて、そして何よりもその高校生たちに
申し訳けない気持でいっぱいでした。

彼らは、ニコニコ笑いながら、名前も告げずに手を振って去って行きました。

私と母は、その学校長宛てに、心からのお礼状をしたためたのでした。

参考本:涙が出るほどいい話 河出文庫 「小さな親切」運動本部編

広告を非表示にする