広告
ひんやり&クール商品販売館

沢村 凜『瞳の中の大河』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20160603140136j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)
男は二度、女を撃った。女は一度、男の命を救い、一度、その命を奪おうとした。ふたりは同じ理想を追いながらも敵同士だったから…。悠久なる大河のほとり、野賊との内戦が続く国。理想に燃える若き軍人が伝説の野賊と出会った時、波乱に満ちた運命が幕を開ける。「平和をもたらす」。その正義を貫くためなら誓いを偽り、愛する人も傷つける男は、国を変えられるのか?日本が生んだ歴史大河ファンタジーの傑作。



一人のまっすぐな志、信念を持った軍人の

生涯を描いた作品。

内戦を終わらせ、平和を望む志が、

また、自分が自分であるために軍人として生きる。

信念、志は語らずとも

その真意は行動で示されている。

言葉で表すのではなく、

行動で現される男の信念に感服した。

一人の軍人とそれに絡む野賊との

駆け引き、戦いは、三国志水滸伝などの

歴史小説を彷彿させるものがある。

漫画的にいうと、漢の生き様のような感じ。

読み応えはある作品だと思う。

広告を非表示にする