広告
ひんやり&クール商品販売館

記録より記憶に残った幻の完全試合


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20080723140314j:plain

 

2010年6月、野球のメジャーリーグ・ベースボール(MLB)公式戦で起きたことです。

デトロイト・タイガースクリーブランド・インディアンスとの一戦でした。

タイガースの先発は、アーマンド・ガララーガという投手。

9回2死まで一人の走者も許さない、

そう完全試合まであと一人というところでした。

そして、27人目の打者への投球です。

「最後の」バッターは、一塁にころがるゴロでした。

誰もが、大記録を前にスタンディング・オベーション

準備をしているかのようでした。

ガララーガ投手は、ベースカバーに入ります。

しかし、一塁へのそのゴロは、ややクロスプレーになってしまいます。

クロスプレーだが、タイミングは”アウト”。

多くの人が「完全試合」の達成を信じました。

しかし、審判の判定は、まさかの「セーフ」。

抗議が行われましたが判定は覆らず、完全試合は消えてしまったのです。

いかがでしょうか?

写真画像をみても、明らかに”アウト”であることが分かります。

この判定を下した審判の名は、ジム・ジョイスといいます。

ジョイス塁審は、試合後のリプレーを見て、ショックを受けました。

明らかに、自分の判定は誤審だった。

何ということだ。

本来ならば、MLB史上21人目の偉業だったのだ。

自分のミスに気づいたジム・ジョイス塁審はどういう行動をとったか。

そして、アーマンド・ガララーガ投手の思いはどうであったか

 

ひんやり&クール商品販売館

ジム・ジョイス塁審は、自らの誤審を認め、

アーマンド・ガララーガ投手に謝罪をしました。

「私のキャリアで最大のミス・コールだった。
 若い選手の完全試合を台無しにしてしまった」

と後日述懐しています。

ジョイス塁審の謝罪に対して、ガララーガ投手はこう答えました。

「完全(パーフェクト)な人なんていませんよ」

完全試合を逃しはしましたが、アーマンド・ガララーガ投手は
その清々しい姿勢に対し、多くのファンから絶賛の声を集めることになりました。

また、自分の過ちを認め、即時、選手に謝罪したジョイス塁審のフェアな行動も、
賞賛に値するものでした。

ちなみに、この二人は、
この試合についての共同著作者となり1冊の本を出版しました。

ひんやり&クール商品販売館

広告を非表示にする