読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

松尾 清貴 『エルメスの手』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20160724133019j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)
帝国陸軍から秘密組織・水曜会に召喚された日下伸之博士は、中佐・月島寿三郎の出迎えを受ける。会食の席から月島は、天皇の万世一系を脅かす不穏な発言を始め、大衆支配の新たな方法を提示する。半世紀以上後、都内を流れる河川から異常死体が次々に上がる。どれも腹部を裂かれ、内蔵を抜かれた後に再び縫合され、遺棄されていた。被害者の共通点はHIV陽性。だがキャリア刑事・代峰サチは、二つ目の共通点に気付いていた。矢先、五番目の現場で唯一の物的証拠を見付けたサチの後輩・砧マリコが失踪する。過剰な情報がもたらす現代の空無を描く驚異のミステリ。



非常に長い作品。

読んでいて、展開がすごく長く感じた。

ちょっと概念が難しすぎる。

殺人の内容の怖さ、なぞの部分より

概念的な説明だらけで、

ちょっと疲労感がある読書になってしまう。

理屈の説明とミステリの面白さのバランスが悪いように思う作品。

これは久々の失敗だな。

けど、理屈とミステリの要素のバランスというのは

小説では難しいのかな?

理論とミステリという観点の小説と考えると、

東野圭吾作品って、そういう意味では凄い!

広告を非表示にする