読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

被災地の、助け合いの空気にそぐわない二人組


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20160729204131j:plain

被災地の、助け合いの空気にそぐわない二人組

阪神大震災後のはなし。

当時、僕はあるファミレスの店員をしていて、
震災後、ボランティアでバイキングのみのメニューを無料で提供することになった。

特に僕の店だけではなく、その時、ある程度の営業が可能な飲食店や小売店は、
自発的にボランティア的なサービスを行っていた。

それがごく自然な空気だった。

開店と同時に満席になって席待ちの列、繁忙期以上の忙しさだった。

お客さんの中には着の身着のままで来る人もいた。

そんな時、他のお客さんが「自分は家が残っているし、帰れば着る物がある」
と言って、上着を差し出す光景を時折目にした。

そんな光景も、ごく自然な空気の中にあったが、
そのたびに目頭が熱くなったのを覚えている。

その日のお昼を過ぎた頃、待ち列の中にやたら身奇麗で
アクセをジャラジャラ付けた若い男女二組がいた。

明らかに、その場の空気にそぐわない二人だった。

彼らは使い捨てカメラで撮影してはギャーギャー騒いでいた。

被災地を面白半分で見物にやってきた様子だった。

さらに彼等は、皆が我慢して並んでいる中、
「はやく席に案内してよ」と文句を言うばかりか、
「席に着いたら、即ビール4つね」
「わたしパフェたべたーいw」とワガママ放題。

見るに見かねてケンカ覚悟で退店願おうとしたその時、

一人の老人が「あんたら、観光に来たのなら、頼むから帰ってくれないか!」
と涙ながらに訴えた。

 

すると彼らは「カンケーないよw」「ナニか言ってるーw」

とケラケラ笑って茶化すだけ。

さすがに頭に来た僕は、彼らの前に立った>>>

「申し訳ないですが、出て行ってもらえますか?」
と啖呵をきった瞬間、僕の肩をポンと叩いて前に割って入る男性がいた。

男性は腕まくりをして見事な刺青を見せ付け、
傍若無人な若者たちの前に立つと、
「オイ、にいちゃんら 早ようおうちに帰って、
 テレビでも見とかんかい!」と一喝。

彼らは黙ってスゴスゴと、チリ一つ付いてない国産高級車で帰っていった。

その後、ヤのつくヒトであろう男性は帰り際、

「店員さんはケンカしちゃいかんよ、そういうのはワシらの仕事やから」
「食事ありがとう、おいしかったよ」
と言って店を後にした。

その時の男性の埃まみれのパンチパーマに、
ヒビの入ったサングラス、
少し足を引きずりながら帰っていく姿が印象的だった。

広告を非表示にする