広告
ひんやり&クール商品販売館

堂場瞬一『誘爆 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20160911134447j:plain

内容(「BOOK」データベースより)
丸の内のオフィス街で爆破事件が発生。現場の物流企業で事情聴取を行った一之瀬は、企業脅迫事件と直感する。昇進前の功名心から事件担当を名乗り出ると、教育係の藤島からは一人でやれ、と突き放されてしまった。管内で新たに殺人事件も起き…。新米刑事・一之瀬に、自立の刻が訪れる。文庫書き下ろし第三弾。




事件捜査を通して、

刑事の成長を描いている作品。

今回は昇格試験に合格して、

移動が前提での事件捜査。

栄転が前提にあるので、新米刑事の力の入れ込み過ぎが

読んでいて理解できる。

ミスあり、挽回ありで・・・面白い

事件よりも、やっぱり成長や育成に

重点を置いて読んでしまう。

まあ、実際、社会でも似たり寄ったりなことは多いからかも。

重く、暗い影が描かれていて、

ジメッとなるることが多い堂場作品だけど、

なんか、カラッとした爽快感を味わえるシリーズだと思う。

けど、次回ぐらいから、独特の個性が出てくるのかな?

広告を非表示にする