広告
ひんやり&クール商品販売館

薬丸 岳『死命』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20160917181554j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)
若くしてデイトレードで成功しながら、自身に秘められた女性への殺人衝動に悩む榊信一。ある日、余命僅かと宣告され、欲望に忠実に生きることを決意する。それは連続殺人の始まりだった。元恋人の澄乃との皮肉な再会。犯人逮捕に執念を燃やす刑事・蒼井にも同じ病が襲いかかり、事件の展開は衝撃の結末を―。



涙腺が崩壊して、涙が止まりません。

今、目が真っ赤にして、鼻が詰まった状態で書いています。

生きること、命を重さを感じています。

死の宣告を受けて見えてくる生きる意味、

自分に課せられた本当の使命。

死に際になって、後悔は少ないほうがいい。

生きることは闘いである。

生きることは命を削ることである。

生きることに対する執念が滲みでてる。

使命というのは、言葉で表すのではなく、

自分の生きる姿で示すものだと・・・

そう考えると・・また、涙が・・・。

この作品の感動は半端ない。

広告を非表示にする