読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

島田 荘司 『占星術殺人事件 改訂完全版 』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20160920071814j:plain

内容(「BOOK」データベースより)
密室で殺された画家が遺した手記には、六人の処女の肉体から完璧な女=アゾートを創る計画が書かれていた。その後、彼の六人の娘たちが行方不明となり、一部を切り取られた惨殺遺体となって発見された。事件から四十数年、迷宮入りした猟奇殺人のトリックとは!?名探偵御手洗潔を生んだ衝撃作の完全版登場!



松本清張のミステリを読んでいるような

懐かしい感じの作品ですが、読みにくい作品ではない。

非常に読みやすい、理解できるかどうかは別だけど・・・

けど、トリックが古典的で

昭和十年代だから、成立した完全犯罪。

現在の科学・化学の進歩では不可能なトリック。

でも、犯人探し、トリックの謎解きを楽しめると思う。

ただ、前半の事件の説明には・・・

ちょっとダラケテしまう。

本作品、「金田一少年の事件簿」という

くだらない、タイトルからしてパクリという

漫画がトリックをパクッたと話題になったなあ~。

まあ、その漫画自体がくだらないって話だけど・・

広告を非表示にする