広告
ひんやり&クール商品販売館

伊坂 幸太郎『バイバイ、ブラックバード 』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20161001203158j:plain

内容(「BOOK」データベースより)
星野一彦の最後の願いは何者かに“あのバス”で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」―これらの単語を黒く塗り潰したマイ辞書を持つ粗暴な大女、繭美。なんとも不思議な数週間を描く、おかしみに彩られた「グッド・バイ」ストーリー。特別収録:伊坂幸太郎ロングインタビュー。



付き合っている5人の女性に

別れを告げに行く・・・五股って、

どんだけ、甘い生活や・・悪人かこいつって感じだけど、

ただ単に主人公は純粋で優しいだけ。

それぞれ5人の女性に別れを告げる展開というか

やり取りが妙に面白い。

その面白さの中に寂しさ、後悔が滲んでいるからさらに面白い。

至るところにギャグが満載で、

本来なら深刻な内容も軽い感じになっていて読みやすい。

けど、主人公が連れ去られる理由とか、連れて行かれる場所はなぞのまま。

それはそれで、違う意味で面白い。

主人公の純粋さ、優しさがにじみ出たピュアな作品。

星野一彦、助かったのかな~。

広告を非表示にする