読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

『幸せ』と『不幸』この2つの距離はどれだけ離れているのだろう…!?


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20161106203750p:plain

 

『幸せ』の反対は『不幸』

この2つの距離は
どれだけ離れているのでしょうか?
 
 
ここに、ひとりの
「不幸の国」の住人がいるとします。

彼は、自分が住んでいるところが
イヤでイヤで溜まりません。

太陽が昇るとまぶしいし
夜は暗くなって怖いのです。

晴れの日は
暑くて汗をかいて不快だし
雨が降れば降ったで
濡れるのがうっとうしく思えます。

夏はうんざりするほど暑いし
冬が来れば寒くてやりきれない。

春と秋の、ちょうどいい気候の頃なんて
すぐに過ぎていってしまいます。

それに、仕事は忙しくて疲れるし
家に帰れば
狭いところに家族がひしめいていて
うるさくて心の休まるときもありません。

一生懸命に仕事をしても
誰も認めてくれないし
家族のためにがんばっても
感謝のひとつもされたことがない。

彼は、自分がこんな国に
生まれてきてしまったことを嘆いています。

これは自分では
どうすることもできないのだとあきらめ
ただツイていないことを恨んでいるのです。

こんなところに住んでいるから
いつまでたっても幸せなんか来ない
と思っています。
 
 
さて今度は「幸せの国」に
住んでいる人をご紹介しましょう。

彼は、自分が、この国に
生まれてきたことに感謝しています。

だって、毎日太陽が昇って
すべてを照らしてくれるし
夜には美しい星を見せてくれます。

晴れの日は身体を温めてくれるし
ときおり雨が降って大地を潤し
心を洗い流す時間を
プレゼントしてくれるのです。

暑い夏には、泳ぎに行ったり
夕涼みをして楽しむことができますし
冬は、スキーをしたり
温かい料理に心が和んだりします。

おまけに、春や秋の
心地よい季節だってあるのです。

ありがたいことに
忙しく仕事をさせていただいているし
家には家族が大勢いて賑やかです。

仕事では
うまくいくときばかりではありませんが
自分なりに努力しています。

それに、愛する家族がいるから
幸せなんだと感謝してがんばっています。

本当に、今、こんな幸せな国に
いることに満足しているのです。
 
 
このふたりは、ずいぶん違う国に
暮らしているようにも思えますが
実は同じ家に住んでいるのだと
言ったら信じられますか。

そう

「幸せの国」と「不幸の国」の距離は
本当はゼロなのです。

『幸せ』と『不幸』は
コインの裏表のように
違っているように見えて
実は同じもののようですね。
 
 
「不幸の国」に飽きたら
いつでも「幸せの国」に
引っ越すことができるのです!
 
 
参照元:涙が止まらない

広告を非表示にする