広告
ひんやり&クール商品販売館

国連特使のアンジェリーナ・ジョリーさん、話はシンプル


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20161114204806j:plain


ンジェリーナ・ジョリーさん、よくご存じかと思います。

最近では、自分の遺伝子上、乳癌のリスクが高いことにより、
発症前の予防として、両乳腺を切除する手術を受けたことで話題になりました。

そのことは「アンジェリーナ効果」と呼ばれ、
「乳癌」のリスクに耳目を集めることにもなりました。

アンジェリーナ・ジョリーさんは、夫のブラッド・ピット氏とともに、
ジョリー・ピット基金というのを設立し、
数多くの慈善活動や寄付活動を展開しています。

その注目すべき人道支援活動などから、
彼女は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所
の親善大使に任命されています。

そのような経緯で、国連安保理などでも
公開討論やスピーチを行う機会も持っています。

すごいですね。

つい先日、4月25日のニュースですが、
国連安保理に出席し、
思い切り歯切れの良いスピーチを展開しました。

その話は、シンプルですが、
私たち一般市民の胸に届く「何か」が込められています>>>

 

アンジェリーナ・ジョリーさんのスピーチの概要はこうです。

テーマは中東のシリア難民への支援について。

ジョリーさんの論点は大きく2つです。

1)討論することは重要です。
だけどほんとに重要なのは現地を知って、
行動を起こすことではないでしょうか。

安保理の皆さんは、現場に行って
シリア難民を訪ねてみてほしい。

彼らの苦しみや、地域でいかに大きな影響を受けているか、
直に見てきてください。

難民たちは、会合に参加できないのです。
こちらから彼らに会いに行かずにどうしますか。

2)安保理が機能しないと言われて久しいが、それはなぜか?
理事国が心を一つにして対処しないから、
力が行使されないのです。

シリア情勢をめぐり、アメリカ等やロシアが対立を続け、
自ら解決の糸口を見つけにくくしているのではないか。
(解決する気がないのではないか)

要するに、

グダグダ言わずに、困ってる人の現場を見てきなさいよ。

 理事国同士がツノ突き合わせてる場合ですか。

 そんなことだから、いつまでたっても

 国連国連らしい仕事ができないのです」

…とまあこんな感じです。

高度な議論の場では、いろいろあるのでしょうが、
いや、それでも真理は常に、このようなシンプルなところに
あるような気がしてなりません。

参考URL :http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2477554.html

 

広告を非表示にする