読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

弱いランナー高橋尚子を変えた高校教師の言葉


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20161218205852j:plain

 

ドニーオリンピック女子マラソン

金メダリスト高橋尚子さん。

世界の頂点に登りつめた高橋さんですが、
実は、中学・高校時代は決して強いとは言えず、
とても全国大会で通用するような選手ではなかったのです。

ご本人が述べていますが「心身ともにすごく弱い」選手だったそうです。

こんなことやってて意味があるんだろうか。

もういやだ、もうダメだ、やめてしまいたい。

毎日そんな後ろ向きで、不安な気持を抱えながら、
日々過ごしていたそうです。

そんな苦労時代、高校の陸上部の顧問・中澤正仁先生から贈られた言葉で、
身体に電気が走ったそうです。

なかなか結果が出ない。

しかし、今、結果が出ないのは、それは準備期間に過ぎないからだ。

何のために、今の準備期間があるのか、

そんなことを高橋さんの心の深いところに届けてくれた言葉。

高橋さんは、その言葉を下積みの日々、毎日念仏のように繰り返し、

自分に言い聞かせたそうです。

その言葉に出会わなければ、マラソンの喜びに出会うこともなかったと言います。

その言葉とは>>>

 

澤正仁先生から贈られた言葉、それはこれです。

何も咲かない寒い日は、

下へ下へと根を伸ばせ。

やがて大きな花が咲く。

結果が出ない時は、地道な努力を重ね耐えること。

決して目には見えない根っこのように…

この言葉を胸に刻んだ高橋さんは、
その後世界一とも言われる練習量をこなし、
肉体も極限まで高め、大きな、大きな花を咲かせることができました。

シドニーオリンピック女子マラソンで金メダルを獲得し、
一躍国民的ヒロインとなった高橋さんでした。

しかし、次のアテネでは代表になれませんでした。

その時、高橋さんはこんなことを口にしています。

「私から陸上をとっても、何も残らないというわけじゃない」

一見、負け惜しみみたいに聞こえますが、彼女の本意はそうではありません。

こんな気持から出た言葉でした。

マラソンにはゴールはあるけれども、
 マラソンを通じて得たものには終わりなんてないんですよね

 

広告を非表示にする