広告
ひんやり&クール商品販売館

内藤 了『CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20170211174931j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)

廃屋で見つかった5人の女性の死体。そのどれもが身体の一部を切り取られ、激しく損壊していた。被害者の身元を調べた八王子西署の藤堂比奈子は、彼女たちが若くて色白でストーカーに悩んでいたことを突き止める。犯人は変質的なつきまとい男か?そんな時、比奈子にストーカー被害を相談していた女性が連れ去られた。行方を追う比奈子の前に現れた意外な犯人と衝撃の動機とは!?新しいタイプの警察小説、第2弾!

 

書いている内容が、たしかに怖いけど、

 

あまり恐怖とか、背筋が凍るような感覚がおこらない。

 

作品中のコミカルな部分で中和されているのかな。

 

意外性という観点で、

 

予想外の犯人、その動機の突飛さが、

 

物語の展開、比奈子の心情と関連して楽しめた。

 

そして、登場人物の謎もコミカルで・・・

 

死神女史、厚田、殺人犯の保、

 

比奈子以外のキャラの個性が

 

読んでいて面白いし、

 

死神女史の発言や図々しさには、

 

笑えると同時に、驚愕もある。

 

このキャラたち、

 

読んでいる側を驚かせる個性や事実を

 

秘めているように感じるから、

 

次回作も面白そう!!

 

死神女史の構想の

 

「猟奇犯罪捜査班」は成立するのかな?

広告を非表示にする