読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

内藤 了『AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20170218173527j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)

都内の霊園で、腐乱自殺死体が爆発するという事件が起こる。ネットにアップされていた死体の動画には、なぜか「周期ゼミ」というタイトルが付けられていた。それを皮切りに続々と発生する異常な自殺事件。捜査に乗り出した八王子西署の藤堂比奈子ら「猟奇犯罪捜査班」は、自殺志願者が集うサイトがあることを突き止める。その背後には「AID」という存在が関係しているらしいのだが…。新しいタイプの警察小説、第3弾!

 

人の死が与える影響は、

 

病死でも事故死でも自殺でも

 

生きている人に与える影響は大きい。

 

自殺する人は、自分が死んでも、

 

だれも悲しまないと思っているかもしれないが、

 

人って意外とつながっているもの。

 

この作品、自殺、自死の裏に、

 

人は寂しいがり、一人ではないはずなのに、

 

一人であると思ってしまう。

 

助けを求めれば、誰が助けてくれる。

 

声さえ出せば・・・・

 

そんな人の心の奥にある叫びを

 

明確に提示している作品。

 

読んでいて、裏の正体が・・・衝撃でした。

 

改めて命の重さを感じた読了感でした。

 

広告を非表示にする