広告
ひんやり&クール商品販売館

吉川英梨『ルビイ~女性秘匿捜査官・原麻希』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20170219175924j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)

警視庁捜査一課の原麻希は、娘の菜月が、史上最凶の犯罪脚本家である背望会リクルーターの娘・結芽と交流を持っているのではないかという疑いを持つ。さっそく結芽が通う小学校に向かった麻希は、平日にもかかわらず、校内に誰もいないことに気づく。気配を残したまま、忽然と姿を消した全校児童たちの行方は―!?女性秘匿捜査官・原麻希がシリーズ最大の難事件に挑む、人気警察小説シリーズ完結編。

 

憎しみと憧れ、好きと嫌いなど、

 

人の想いというのは、正反対のものを抱くが

 

大きな視点で見れば、同等なのかもしれない。

 

異常な行動の発動には、普通への憧れがあるが、

 

反対に、普通ということに憎しみを同時に

 

人は持っている。

 

人の心理は、興味を抱くことで、

 

相反する2極の想い、感情が交差し、葛藤する。

 

このシリーズ全般で、示されている。

 

結局、リクルータもそういう葛藤から、

 

逃れられないことを理解しながらも、

 

自分と同じ葛藤を持つ者を愛おしく感じたのかも。

 

最後は潔く?罰を受け入れた。

 

また、主人公・原麻希も、母、刑事、妻の葛藤に

 

もがきながら、正義を貫く。

 

正義という想いの中にも

 

反対の正義の葛藤にもがく。

 

非常に面白いシリーズだった。

 

続編シリーズはどうなるのかな?

 

『警視庁「女性犯罪」捜査班・警部補原麻希』シリーズが

 

楽しみです。

広告を非表示にする