読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

笹本稜平『還るべき場所』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20170226081953j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)

世界第2の高峰、ヒマラヤのK2。未踏ルートに挑んでいた翔平は登頂寸前の思わぬ事故でパートナーの聖美を失ってしまう。事故から4年、失意の日々を送っていた翔平は、アマチュア登山ツアーのガイドとして再びヒマラヤに向き合うことになる。パーティに次々起こる困難、交錯する参加者の思い。傑作山岳小説、待望の文庫化。

 

山岳=山登りのイメージが強くて、

 

スポーツというより娯楽という感じ。

 

この作品を読んで、山岳は命を賭けてスポーツ。

 

命がけだからこそ、命の重さ、

 

ひとつのミスが大きなトラウマとなる。

 

そして、生きることの意味、重さを感じることができる。

 

山岳に関して、全く知識がない私ですが、

 

読んでいて、熱いものを感じることができ、

 

読了後は命の意味、魂の輝きを考えさせられた。

 

我々は「生きている」のではなく、

 

「生かされている」と痛感する。

 

だから、生きることではなく、

 

魂を揺さぶる生き方ができることを探さないと・・・

 

 

広告を非表示にする