広告
ひんやり&クール商品販売館

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 最終回を見て


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20170402174913j:plain

 

前期、後期すべてを見た。

全体的にガンダムらしくない、

ちょっと悲しみを背負った結末。

 

ただ、全編において、血なまぐさい感じだったのを

最終回はきれいに納めたなあと思う。

 

鉄華団のすべての戦闘を

目的のない、無意味なものにすることで、

生きることは何か、

生きるために何が必要か、

それらを問う形の結末。

 

鉄華団は生きるために純粋すぎた。

純粋さゆえに戦うという選択をした。

ラスタル率いるギャララルホルンは

大儀を前面に清濁あわせ飲むという立場で

戦争、平和を選択した。

 

本来、ガンダムシリーズは、どちらも正しい理論で、

お互いが純粋に戦争していた感じだったけど、

今回は純粋VS清濁を含む純粋。

 

勝者、敗者を明確に線引きすることで

より現実的な結末だったように思う。

 

だから、見ている側に妙な悲しみ、哀れさを残しつつ、

 

前向きに生き、歩むことを強調した。

 

ただ純粋なだけでは、戦えない。

大切なものを守ることはできない

 

そんな感じです。

 

ただラスタル・エリオンの勝者というのは納得いかないが・・・

広告を非表示にする