広告
ひんやり&クール商品販売館

「生きろ」


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20161004210854j:plain

 

<心に響いた「たった一言」>
「生きろ」

<「たった一言エピソード」>
中学時代、私は容姿も良くなくて「キモい」「死ね」などと陰口を言われて、
「私なんかいない方がいいのかな」と思っていました。
不登校になった友達もいて、それを何事もないかのように
過ごしている人達との学生生活に楽しい思い出はありません。

私はいいけど、友達をそんな風に扱う奴らなんか消えろ、
こんな奴らに負けてたまるかと頑張って学校に通いました。
そして無事に迎えた卒業式。周りが泣いている中、私は泣きませんでした。
帰りのHRで、当時の担任の先生が最後の挨拶の後、
涙を流して「生きろ」と言いました。

先生は昔、教え子を海の事故で亡くしました。
生きたくても誰もが生きられるわけじゃない。
それを聞いた瞬間、涙が止まりませんでした。
私も生きていていいんだって安心しました。

卒業して10年、職場の先輩と結婚して幸せに暮らしています。
生きていて良かった。

広告を非表示にする