読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

裏方には裏方なりの誇りと意地があります


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20170414071453j:plain

 

プロ野球にはいろんな裏方さんがいます。


バッティング投手という裏方の職種があります。

練習の際、バッターのバッティング練習のためだけの投手という役割です。

もちろん、この役割は誰でもいいというわけではなく、
ある程度の投手経験と、正確なコントロール、多様な球種など、
一定の能力を保有していなければいけません。

ただ多くの場合、試合の現役として投げるには不十分であり、
最前線から一歩退いた後方支援という位置づけになります。

巨人軍には、長年バッティング投手を務めた峰さんという人がいました。

最初は大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に所属していました。

しかし、なかなか芽が出ず解雇通告を受けます。

その後、何と巨人から誘われ、喜び勇んで入団しました。

張り切って練習していましたが、首脳陣からは、
さっぱりブルペンへ行く指示が出ません。

そこで確認してみると、実は現役としてではなく
バッティング投手としての採用だったことが判明します。

春のキャンプ中まで、球団から説明は全くなかったそうです。

今だったら、そんなことはありませんが、当時はそんなこともあったのでしょう。

峰さん、知り合いのあちこちに、巨人へ移籍したんで頑張るとの報告をしていました。

だから、初めてバッティング投手という役割を聞かされたときは、
泣きそうな顔で、すっかり落ち込みました。

そんな時、ある選手から声がかかりました。

王選手です。

 

王選手は、峰さんにどんなひと言をかけたのでしょうか?


王さんから、こんなひと言をかけられました。

「峰ちゃん、俺、アンダーシャツ(ユニフォーム用)のサイズを
 1ダースも間違えちゃってさあ、俺の身長には合わないんだけど、
 峰ちゃんの身長には偶然合うと思うんだ。悪いけど使ってくれないかなあ?」
とアンダーシャツ一式をプレゼントしたそうです。


律儀で几帳面な王さんが、
自分のサイズを間違えるはずがありません。


しかも王さんならば、自分で注文しなくてもメーカーから届くはずです。

気の毒なくらい落ち込んでいた自分を励まそうとして、
王さんが下手な嘘をついたことに、峰さんはいたく感激しました。

ちなみに、バッティング投手にとって、アンダーシャツは
いくつあっても足りないほど重宝するものなのです。

それ以後、峰さんは、ほとんど王さん専属の
バッティング投手として投げ続けました。

そして、王さん引退後も、裏方としてのプロらしく、
バッティング投手の仕事を長らく続けたそうです。

 

広告を非表示にする