読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

湊かなえ『Nのために』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20160716204846j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)
超高層マンション「スカイローズガーデン」の一室で、そこに住む野口夫妻の変死体が発見された。現場に居合わせたのは、20代の4人の男女。それぞれの証言は驚くべき真実を明らかにしていく。なぜ夫妻は死んだのか?それぞれが想いを寄せるNとは誰なのか?切なさに満ちた、著者初の純愛ミステリー。


テレビドラマ化された作品。

ドラマを見ていたので、あらすじは理解していた。

読んでみて、非常に辛く痛いと感じる。

辛い現実、思うようにならない現実。

純粋に受け止め、対処する。

誰かのために、自分のために。

そういうことが、Nのイニシャルを持つ登場人物から

見事に感じられる。

だから、全体的にリアルに重いものがあるが、

逃げず、真っ向から現実に立ち向かう姿は感動すら感じる。

辛い過去、現実も誰かのために・・・

逃げず、真っ向から受け止め、立ち向かう。

それが、想定外の最悪の事態でも。

そういう意味では、今の現実社会はネット、ソーシャルなど

逃げる場所が多いのかもしれない。

ただ、この作品を読み終わって強く思ったことがある。

ポジティブ、ネガティブ、スピリチュアルって言葉を使う事って、

現実から逃げてないか?

明らかにそれらを語った時点で逃げてると思う。

広告を非表示にする