読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

どのように書くか、というよりも・・・ / 花森安治


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20160726074044j:plain

 

どのように書くか、というよりも、なにを書くかだ。

書かなくてはならないことが、なになのか、

書くほうにそれがわかっていなかったら、

読む人にはつたわらない。

小手先でことばをもてあそんでも、

読むひとのこころには、なにもとどかない。

ひんやり&クール商品販売館

 

----------------------------------------------------------

「実用文十訓」
(1)やさしい言葉で書く。
(2)外来語を避ける。
(3)目に見えるように表現する。
(4)短く書く。
(5)余韻を残す。
(6)大事なことは繰り返す。
(7)頭でなく、心に訴える。
(8)説得しようとしない(理詰めで話をすすめない)。
(9)自己満足をしない。
(10)一人のために書く。

上記の10項目を心掛けるといいようです。

 

広告を非表示にする