広告
ひんやり&クール商品販売館

人は他人に無責任な2つの言葉を用意しています。


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20161106210638j:plain

 

人は他人に無責任な2つの言葉を用意しています。

たとえば、なにかに懸命に取り組んでいる人に対して、

「彼は脇目も振らず、集中力のある人だ」

「彼は視野が狭い人だ。もっと広い視野を持たせなくては」

と、2つの言い方があります。

同じように、

「彼は頼んだことをなかなかしないルーズな人だ」

「彼はよく考え慎重で賢明な人だ」

とも言えます。

この正反対の評価の分かれ目は、その時の好き嫌いの感情です。

また、よかれと思った行動が、

「出過ぎている」「余計なことをしてくれた」

となどと言われてしまうこともよくあります。

~~~

出典

[偶然と幸せの法則]

安部 芳明 著

かんき出版より

広告を非表示にする