広告
ひんやり&クール商品販売館

友人が明かす田中将大(マー君)の少年時代の話


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20161218205718j:plain

 

るテレビ番組で、田中将大選手の少年時代のエピソードが、
小学校の同級生から語られました。

話してくれたのは、小学校時代の同級生の堤田さんという方でした。

家が近所で、小学校から中学校まで同じ学校に通っていたそうです。

堤田さんは小学校時代、非常に内気でおとなしい性格でした。

そのため、クラスの男子からはいじめの標的とされ、
いつもプロレスごっごの相手役をさせられていました。

クラスの他の生徒たちは、そんな堤田さんを見てみぬふり。

非常につらかったそうです。

そんなある日、 堤田さんは、いつものようにいじめっ子たちから、
プロレス技を掛けられていました。

そこに、マー君がやってきて、こう言ったそうです。

「もういいじゃないか、やめろよ!」

そういって、いじめっ子たちからかばってくれたのです。

そして堤田さんを、そこからいったん連れ出しました。

堤田さんいわく、マー君が彼にとっての、
初めての友達になったそうです。

仕返しが怖くて誰も注意できない中、
マー君はちゃんと相手を注意できたんですね。

確かに、大人の目線からみたら簡単なことかもしれませんが、
子供にとってはすごく大きなことです。

子供にとって、多数派に対抗する少数派、

それもいじめられる側をかばうのは、かなり勇気のいることです。

当時からマー君の人柄、弱きを助け強きをくじく正義感が、
ここに芽吹いていたのでしょう。

しかし、彼のこのエピソードは、ここで終わりではありませんでした>>>

の後、マー君は堤田さんをいじめっ子たちのところへ連れて行き、
もう一度、プロレスごっこを始めたのです。

しかしそれは、それまでの一方的なプロレスごっこではなく、
技を掛けられるばかりだった堤田さんにも、
いじめっ子たちに向けて、技を掛ける役をやらせたそうです。

プロレスごっことは、本来楽しい男の子の遊びですね。

いじめとか復讐ではなく、堤田さんにも技を掛けさせることで、
その楽しさを体験させたかったのでした。

田中将大選手、その少年時代に、正義感の片りんを見せるだけでなく、
お互いに禍根を残さないための、橋渡しまでやってのけているわけですね。

本年のマー君のアメリカでの活躍も期待されます。

アメリカのファンは、正義とフェアに対し、惜しみない声援をおくってくれます。

これからも、マー君が米大リーグで大きな感動を与え、
多くの声援を受けるのを想像しています。

 

広告を非表示にする