読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

沢村鐵『クランⅠ - 警視庁捜査一課・晴山旭の密命』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20170201075817j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)

渋谷の片隅で警察関係者の遺体が見つかった。明らかな他殺体を自殺と断定した鑑識課の検視官・綾織美音。疑念を抱いた捜査一課上層部は、晴山旭警部補に内偵を命じる。彼女の目的とは一体?真実を明らかにした晴山の前に現れたのは、警察内に潜む巨大な闇の存在だった―。

 

去年ぐらいから、本屋で見かけるシリーズ。

 

気になったので、読んでみた。

 

予想以上に面白い。

 

警察組織の腐敗を、組織内から改善していこうとする動き、

 

それを阻止すべく、腐敗した側は

 

正義の警察官を殺害、しかも自殺と偽装。

 

その裏に挑発的なメッセージを残す。

 

非常にスリリングで、期待感の持てる内容だった。

 

しかも、クランという旗のもとに終結した刑事たちの

 

半信半疑な心情もストレートに表現されていて、

 

読み応え、充分で、次を読みたい衝動が起こる。

 

クランはまだ続いているようなので、

 

この作家さんの別のシリーズ(すでに完結)している

 

警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結を購入して、

 

読んでみようかな。

 

そう思ってしまいます。

 

まあ、本屋でよく見かける本には、

 

良い作品が多いということですね。

広告を非表示にする