広告
ひんやり&クール商品販売館

徳川家茂の心優しいエピソード、数多くあります


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20161218210038j:plain

戸幕府の14代将軍・徳川家茂は、生まれつき病弱な身でありながら、
13歳で将軍に就任しました。

よい将軍であろうと文武両道に努め、勝海舟幕臣からも、
厚い信頼を得ていたそうです。
勝海舟による家茂毒殺説などもありますが、ここでは亜説を無視します)

とにかく家茂という人はとても優しい人柄だったようです。

それを示すこんなエピソードです。

戸川播磨守安清という書の名人として知られる幕臣が、
家茂に書道を教えていました。

家茂はとてもよい生徒で、いつもきちんと練習していました。

しかし、ある日のことです。

突然、家茂は、安清の白髪頭に硯の水をかけ、
手を叩いて笑いだしたのです。

よくテレビでみかける「殿、ご乱心!」みたいな場面です。

同席していた側近は、将軍らしくないことをしたもんだと嘆きました。

そして安清も泣きだしてしまいました。

安清が泣いている様子を見て、側近たちは
家茂の振舞いを情けなく思って泣いているのだと思いました。

ところが、真相は別にあったのです。

安清は側近に打ち明けます>>>

f:id:mharada42:20161218210135j:plain

清は、自分のために将軍が悪しざまに噂されるのを避けるため、
恥をしのんで側近に打ち明けました。

「実は自分は年をとってしまったために、
 ふとしたはずみで失禁をしてしまったのだ。
 将軍様の前で失禁など、厳罰は逃れられぬ失態。
 しかし、将軍様は私に水をかけて失禁を隠してくださった。
 ・・・そんな配慮をしてくださる優しさが嬉しくて泣いているのだ」

広告を非表示にする