広告
ひんやり&クール商品販売館

富樫倫太郎『生活安全課0係 ヘッドゲーム 』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20170217215733j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)

杉並中央署生活安全課「何でも相談室」、通称0係に娘の死の真相を調べて欲しいという相談が持ち込まれる。今年だけで名門高校の女子生徒が二人、飛び降り自殺をしているのだ。0係の変人キャリア警部・小早川冬彦は相棒の万年巡査長・寺田高虎と高校を訪れるが、そのとき三人目の犠牲者が…。KY(空気が読めない)刑事が鋭い観察眼で人を見抜くシリーズ第二弾!

 

相手の良くない点を指摘するとき、

 

普通は遠慮というか、気遣いというのがあるので、

 

伝えたいことを婉曲に

 

ちょっと的を外して話をするのだが、

 

この作品の主人公・小早川は、サラリと、

 

しかも的確に、ストレートに言う。

 

心理学と人を見る洞察力があるから、

 

相手は非常に腹立たしいが、

 

事実であるため反論できない。

 

そんな皮肉屋の彼が自殺事故の謎を追う。

 

謎の正体がちょっと荒唐無稽なものなので、

 

事件解決よりも人間考察といった感じです。

 

けど、適格な人間心理の描写、背景は納得感、

 

説得力があり、面白いのは確かである。

 

空気を読めないけど、

 

人を洞察する能力は天下一品。

 

次回作も事件より、

 

人間観察的な流れなのかな?

 

斬新で面白い作品。

 

広告を非表示にする