読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

結城充考『エコイック・メモリ』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20170204210848j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)

動画投稿サイトに忽然と現れた、四つの映像。『回線上の死』と題されたその不鮮明な映像には、四人の男女が残酷な方法で殺される様子が映し出されていた。悪戯?それとも本物なのか?期限付きの捜査を命じられたクロハは、映像の中の音に、奇妙なずれがあるのに気付く…。圧倒的な緊迫感と、想像を遙かに超える展開。熱狂的支持を集める「クロハ」シリーズ第二弾。

 

前作同様、読みにくい。

 

主人公の感情移入がどうもしっくりこない。

 

読んでいて、物足りなさがある。

 

裏切り、犯人探しという観点では面白いけど、

 

どうも物語に入り込めない、

 

イメージが湧きにくい。

 

このシリーズは苦手です。

 

広告を非表示にする