読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

大沢 在昌『絆回廊: 新宿鮫10』読了


スポンサードリンク

f:id:mharada42:20170205212509j:plain

 

内容(「BOOK」データベースより)

「警官を殺す」と息巻く大男の消息を鮫島が追うと、ある犯罪集団の存在が浮かび上がる。中国残留孤児二世らで組織される「金石」は、日本人と中国人、二つの顔を使い分け、その正体を明かすことなく社会に紛れ込んでいた。謎に覆われた「金石」に迫る鮫島に危機が!二十年以上の服役から帰還した大男が、新宿に「因縁」を呼び寄せ、血と硝煙の波紋を引き起こす!

 

このシリーズ10作目。

 

新宿を舞台に、孤独な刑事・鮫島が

 

ヤクザ、犯罪集団を追う、いつもの展開だけど・・・

 

まあ、様々なヤクザ、刑事等の個性的な登場人物がいて、

 

それぞれが心、体に傷を負っていて、

 

それでいて、警察組織、暴力団、犯罪組織は組織的な毒をもっていて、

 

それらが交じり合って、毎度のことながら飽きない展開。

 

今回は、深い因縁、つまり絆という表現で

 

命の重さ、生きることの意義を読む側に

 

投げつけている感じ。

 

このシリーズを読み続けている者にとって、

 

今回の結末は、衝撃でした。

 

そして、その結末が、鮫島にひとりではないこと、

 

生きることの意味、重さ、覚悟を示すことに。

 

このシリーズ、次はあるのかな?

 

雰囲気的には、ちょっと終末ぽかったけど・・・

 

広告を非表示にする