読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告
ひんやり&クール商品販売館

松井さん、アメリカのマスコミもファンに取り込みました

f:id:mharada42:20170206205631j:plain

 

ンキース時代の松井さんは、日本での評判と同様に、
米国のマスコミからも大変好意的な評価を得ていました。

入団当時、ニューヨークタイムズは、こんな記事を掲載しています。

「日本のスターだというのに、いつも静かに会釈をしてクラブハウスに入ってくる。

 普段の生活でも周囲の人を楽しませようとしているようだ」と、

松井さんの礼儀正しさ、謙虚さに焦点を当て分析しています。

ニューヨーク・ポスト紙は「松井に見習え」という見出しの記事を掲載しました。

「ニューヨーク・ニューズデー紙」の記者からは、
ある日本の団体にこんな問い合わせがありました。

コンプレイン(complaint)」は日本語でどういうのかという質問でした。

団体職員は、「苦情」だと答えました。

そして出来あがった記事はこうでした。

タイトルは「ミスター・ナイス・ガイ」

「松井は、極めてナイス・ガイである。
 なぜなら、松井はけっして苦情を言わないからだ。

 日本語にも“クジョウ”というコンプレインを意味する単語があるが、
 松井には無縁だろう」

まだまだ松井さんを賞賛する声は、数多くあります。

ただ、現在ではこの報道はよく知られていますが、
長らくマスコミには、オープンにされなかった松井さんの善行です

 

井選手は隠れた善行を行っていました。

ベトナムの子供達を里親として支えていたのです。

松井選手の父親、昌夫さんが十数年前、ベトナムの小学校で野球を教えたのが
“里親”のキッカケでした。

ベトナムでは優秀で勉強する意欲があっても、
貧困など家庭の事情で勉強を断念せざるを得ない子供が多いのです。

松井さんは、そんな状況を父親から聞き、援助を決めました。

松井さんの、渡米から現役引退までの12年間で、
里親になっている子供たちは20人。

子供達は、松井さんからの里親としての援助により、
家事や労働をしないで学校に通うことが出来ました。

松井さんの実家には、年に一度子供たちからお礼の手紙が届きました。

子供たちは、当初、松井さんがプロ野球の選手であることも、
大リーグで活躍していることも、松井選手の顔、性格も何も知りませんでした。

後年、その里親が誰なのかを知ることになり、松井さん引退のときには、
一人の少女が次のような手紙を寄せました。

「松井さんの活躍のおかげで多くのベトナムの子が助かりました。

 本当に感謝しています。お疲れさまでした」

相手に注意を与えて成果を上げるための7つのルール

f:id:mharada42:20170402072010j:plain

 

◆相手に注意を与えて成果を上げるための7つのルール

1.一対一で注意を与える
2.ほめ言葉で前置きをする
3.相手の行為に注意を与える
4.正しい方法を教える
5.要求ではなく依頼をする
6.注意は1回にとどめる
7.友好的に話を終える

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 最終回を見て

f:id:mharada42:20170402174913j:plain

 

前期、後期すべてを見た。

全体的にガンダムらしくない、

ちょっと悲しみを背負った結末。

 

ただ、全編において、血なまぐさい感じだったのを

最終回はきれいに納めたなあと思う。

 

鉄華団のすべての戦闘を

目的のない、無意味なものにすることで、

生きることは何か、

生きるために何が必要か、

それらを問う形の結末。

 

鉄華団は生きるために純粋すぎた。

純粋さゆえに戦うという選択をした。

ラスタル率いるギャララルホルンは

大儀を前面に清濁あわせ飲むという立場で

戦争、平和を選択した。

 

本来、ガンダムシリーズは、どちらも正しい理論で、

お互いが純粋に戦争していた感じだったけど、

今回は純粋VS清濁を含む純粋。

 

勝者、敗者を明確に線引きすることで

より現実的な結末だったように思う。

 

だから、見ている側に妙な悲しみ、哀れさを残しつつ、

 

前向きに生き、歩むことを強調した。

 

ただ純粋なだけでは、戦えない。

大切なものを守ることはできない

 

そんな感じです。

 

ただラスタル・エリオンの勝者というのは納得いかないが・・・

20代の君に伝えたい本当のこと

f:id:mharada42:20170402071741g:plain

 

20代の君に伝えたい本当のこと

2度と同じ間違いをせず 頑張ろうと思えるのが 本当の反省

失敗を恐れず 失敗から学ぶことこそ 本当の学習

どんなことが起きても 譲ろうとしないのが 本当の自信

もう一度してあげようと 相手に思わせるのが 本当の感謝

自分のことを想う以上に 相手を想えることが 本当の愛

作ろうとするのではなく すでにそばにいるのが 本当の友達

見返りを気にせず ずっと続けられるのが 本当の優しさ

努力と思わないくらい 打ち込めるのが 本当の夢

年齢を気にせず 挑戦し続けられるのが 本当の若さ

お金に囚われず 自分に正直に生きるのが 本当の自由

本当の自分は探しても 見つからない 今のあなただから

 

お母さん、どうして泣いてるの?弟のせい?

f:id:mharada42:20170401074245p:plain

 

次男は”目の人”です。


生まれたばかりの次男の写真は、どれも二重まぶたのどんぐり目。

よく乳を飲み、よく泣き、よく眠る。

男の子にしては、手のかからない赤ん坊でした。

次男は耳が聞こえません。

とりたてて不自由とか不便ということはなく、ただ聞こえないだけ。

違うところは、日本語ではなく手話で話すということです。

そんな当たり前のことに気付くのにずいぶん時間がかかりました。

初めて聞こえないと分かったときは、
身も心もよじれんばかりに泣きました。

「子供の前で泣いてはいけない」と思いながら、
無邪気に遊ぶ息子の姿にこらえきれないときもありました。

アニメに夢中になっていた次男が振り向くと、いつも違う母の顔。

まだ二歳にならない次男は、不思議そうに母の顔をのぞき込み、
小さな手でほおの涙をふき取ります。

ところが涙は止まりません。

息子は大急ぎでティッシュを探し、
母の目からあふれ出る涙を一生懸命ふき取ります。

その傍らに、何も言わず、じっと見つめる長男がいました。

その表情を見たときに私はハッとしたのです。

「お母さん、どうして泣いてるの?弟のせい?
弟はお母さんを悲しませる子なの?」
と言ってるような気がしました。

「違う、何か違う!」

あの日を境に、私の目はすっかり乾きました。

あらゆる情報を求めて、昼間は本屋と図書館を駆け回り、
夜はパソコンとにらめっこです。

そして意外な言葉に出会ったのです。

「生まれたときから聞こえないから、聞こえないことがフツー。
手話で自由に話ができるし、不幸でも不便でもない。
だから、ひとつの個性として認めてほしい」

正直言って驚きました。

でも、何だかすんなり理解できました。それから二カ月。

次男の小さな手が話し始めました。

「おかし、ちょうだい」
「チョコレート好き」
「いーっぱい」
「ダメー!」

話しはじめの少ない単語の中に「ダメー」を見たときは、
「しまった!」と思いました。

ひんやり&クール商品販売館

「○○しちゃダメ」「△△はダメ」

という私の”ダメダメ攻撃”の裏返しです。

ダメという前に「○○すると××になるよね。どう思う?」
と聞かなきゃいけない。

わかってるんだけど、忙しい子育ての中ではなかなか出来ないっ。

何しろ男兄弟は年齢に関係なく、朝から
【起きる→ケンカ→遊び→ケンカ→遊び→ケンカ→寝る】というのが日常。

母は、「ナニやってんの!何回言ったらわかんの!ダメでしょ!」
と怒鳴ってしまう毎日なのです。

人さし指で軽くほおに触れ、親指を立てると「お父さん」。

小指を立てると「お母さん」。

次男はすぐに「お父さん」と呼ぶようになりました。

もちろん主人は大喜び。

でもなかなか「お母さん」と呼んでくれません。

「お母さん」と呼んでくれない、
その理由がやっと分かりました

 

ある時、部屋の隅で次男がモゾモゾしています。

右手で左手の小指を立てているのです。

二歳になったばかりの息子にとって、
小指を立てるのはまだ難しかったのです。

添えている右手を離すと、左手の小指はすぐに曲がってしまいます。

何度か繰り返しているうちに、
次男は左手の小指を右手でギュッとつかんでほおに当て、
そのまま私のところに走ってきました。

「おかあさん!」

小さな手で呼んでくれた「お母さん」は、どんな大きな声よりも、
どんな流暢な日本語よりも、愛おしく頼もしく思えました。

そして、次男の手話は瞬く間に上達していったのです。

このころ「弟のために手話を覚える」と、
家族の中で一番張り切っていた長男の様子がおかしくなってきました。

「僕も聞こえなければよかった…」とつぶやきます。

弟に両親を取られたような寂しさがあったのでしょう。

主人と相談した結果、「長男と母だけの時間」を作ることにしました。

公園に行ったり、本を読んだり、映画を見たり。

一年以上かけて、かたくなになった長男の心は、
一年たった今、ようやく溶け始め、
自分の意志で弟と向き合うようになりました。

長男が生まれて七年、次男が生まれてから四年。

私は、この子たちから”人として一番大切なこと”を教わりました。

 

家族であっても、相手を思いやる心がないと、
その気持ちを理解することはできない。
相手を知って、相手を認めた上で、
人としての関係が成り立つのだということ。
今になって実家の母が言います。
「あの時、おまえは息子のことが不憫だったかもしれないけど、  
私には孫だけでなく”おまえ”も不憫だったのよ」と。
ここにも計りきれない親心がありました。
「おばあちゃんに千円もらっちゃった。僕お金持ちー。  
お母さんうらやましい?」 と少しだけ大きくなった次男の手が舞います。

「僕なんか、一万円も貯金があるんだぞ」 と少年になりかけている長男の手が揺れると、
「お兄ちゃん、ずるーい」とまたケンカの始まりです。

これから先、この子たちがどんなことを体験させてくれるのか?

ちょっと怖いけど、楽しみです。

参考URL:http://nakeru-story.net/archives/1770

【覗き込む父がいきなり泣き出した】

f:id:mharada42:20170401074030j:plain

 

自分がまだ幼稚園児の頃だと思うのだが、
夜中にふいに目が覚めると、
父が覗き込んでいて、いきなり泣き出した。
大人が泣くのを見るのは、
記憶の限りその時が初めてで、
しかも父はとにかく強くてかっこいい!と信じていたので、
凄く吃驚して変に印象に残ってる。
その後、何度か確認する機会があったが、
父がいつも
「夢でも見たんだろう」と言っていたので、
何しろ幼児の頃の記憶だし、自分もそう思うようになっていた。




が、20年以上の歳月を経て、父はついに白状した。
当時、とにかく忙しい職場に勤めていた父は、
朝は私が起き出す前に出勤。夜は就寝後に帰宅の日々。
寝顔をそっと覗き見るのが日課で、
このままでは娘に顔を忘れられてしまうと不安に思っていたらしい。
そんなある日、いつものように寝顔を眺めていると、
私が目を覚ましてしまった。
やばい、良く寝ていたのに、
ぐずってしまうかも知れない…父が焦っていると、
私が寝ぼけ眼のまま「おとーしゃんだ」と言って、ニッコリと笑ったらしい。
ろくに顔をあわせることもできず、
たまの休みにも疲れ果てて寝ていることが多い。
しかもこんな夜中に起こされて、
それでもこの子は自分の顔を見て喜んでくれるのか、
こんなふうに笑ってくれるのか、と思ったら、
愛しさが込み上げて思わず泣いてしまったらしい。
それがどうにも恥ずかしくて照れくさくて、どうしても本当のことが言えなかった。
嘘付いててスマン!と告白される結婚式前夜。
内心は萌えつつも、
明日目が腫れたらど-してくれる!!
と私が切れたので、笑い話になったが、
父が涙を流していたあの記憶は、私にとって良い思い出になった。

ひんやり&クール商品販売館

————————————————————-
男の不器用な愛情表現に

父親の哀愁を感じさせる話!!

「人生は一本道じゃない」

f:id:mharada42:20170330073748j:plain

<たった一言エピソード>
それが僕の心に残り、元気を取り戻すことのできる言葉です。
僕が小学6年生の時に、自分ではいつも仲がいいと思っていた友達が
急にまるで僕をさけているような行動をとり始めて、
僕が何度話しかけてもすっと無視されていていました。


僕が学校に来たときも、その友達が
「おい、アイツが来たぞ」
などと言われ、早足で去っていきました。周りにはだれもいません。
まるで白い目で見られているように感じました。

そんな小さな事が積み重なり、そのことで頭がいっぱいになって、
勉強にも集中しにくくなしました。

僕がかよっている塾で個人面談がありました。その個人面談でこの事を言いました。
そして塾長がいってくれた言葉が「人生は一本道じゃない」です。
「今からならまた仲よくなれる、まだ人生の道はたくさん作れる」と言ってくれました。
———————————–
心が解放され、軽くなる言葉です。

ゆえに重みと深みのある言葉だと思う。

人生は一本道じゃない